親しみやすさと非日常を両立!「masshu.hair」をフレンチシャビーな雰囲気に劇的改造

壁一面の大きな窓と、レースカーテンの隙間から覗く木々の緑。きらびやかなシャンデリアがくつろぎの空間を演出しています。こちらの店舗は、東京都八王子にある美容室「masshu.hair(マッシュヘア)」。

今回は、以前は事務所として使われていたテナント物件のリフォーム事例をご紹介します。

お店をリフォームするにあたり、こだわったポイントについてオーナーを勤める脇畑博子(わきはた・ひろこ)さんにお話を伺いました。今後リフォームを検討している方は、ぜひご参考にしてみてください。

木のアンティーク調のドアを取り付けて片開きの扉に

Before

After

脇畑さん:もともと両開きの扉だったのを、左側の扉を取っ払ってグレーのレンガを埋め込んでもらいました。

ーーお店入り口の窓が大きくて開放感がありますね。重厚感のあるアンティークの玄関扉もおしゃれ!

脇畑さん:右側の扉は、お店の雰囲気に合うアンティーク調のドアに変えてもらったんですよ。

▲黒のアイアンハンドル(鉄を使用した、ヨーロピアンテイストの把手)がアクセント

ーーそういえば、美容院ってガラス張りや大きな窓がある店舗が多いですよね。

脇畑さん:お店の前を通りがかった人が、店内の雰囲気や働く人の顔や様子を外から確認できるんです。どんな人が施術するのか顔が見えた方が、はじめての方も入りやすいですし、安心できますから。それと単純に、窓ガラスが大きいと外からの光がたくさん入るので、店内が明るくなるんですよ。

一番のこだわりは本物そっくりな木目調の壁紙

Before

After

ーーリフォームにあたり、脇畑さんがこだわったポイントはどこでしょうか?

脇畑さん:とにかく一番こだわったのは壁紙ですね。パッと見は木材のように見えますが、実はこれ全部本物そっくりの壁紙なんですよ。

ーーえ! 壁一面に古木を打ちつけたのかと思っていました。触ると表面がザラザラしているし、本物かどうか言われなければ見分けがつかないですね。

脇畑さん:お客様からも「本物にしか見えない」とよく驚かれます。まばらな色合いなので、使い込んだシャビーな雰囲気になるんです。それと、傷や汚れが木目に馴染じんで目立ちにくいのでお掃除も楽で助かってます(笑)。あと、天井も打ちっぱなしコンクリートの壁紙なんですよ。

ーー天井も!? 本物にしか見えません。

脇畑さん:壁紙全部をコンクリートにすると、無機質な印象が強くなってしまうんですよね。とはいえ、天井まで木目調にしてしまうとメリハリがなくなってしまう。だから、壁と天井それぞれで素材を分けてもらいました。

シャンプー台の仕切りには湿気を吸収するエコカラットを使用

ーー美容室に行くとき、シャンプー台とフロアの仕切りがきちんとあるかどうかで選ぶこともあるのですが、高すぎず低すぎず絶妙な高さが良いですね。

脇畑さん:一枚の壁で完全に分けてしまうと圧迫感が出てしまいます。反対に低すぎると誰かに見られている気がして落ち着かなくなってしまうんです。なので、インテリアコーディネーターの方に相談をして、ストレスに感じない1.7m前後の高さに設定してもらいました。

ーー空間を分けることによって、半個室のような状態になるからゆったりとくつろげそう。

脇畑さん:そうなんです。カットやカラーの施術をするスペースと、シャンプーをするスペースが仕切られた空間になります。お客様からは、リラックスした状態でシャンプーやヘッドスパを受けられると好評です。

ちなみに、この仕切りはエコカラットという壁材を使っています。エコカラットは湿気やニオイを吸収してくれるので、室内のジメジメ解消にも効果があるんですよ。

ーー足元の間接照明の明かりが心をホッと落ち着けてくれますね。

脇畑さん:そこもこだわったポイントです。床にはめ込んだ間接照明が壁(エコカラット)に当たると、下からの明かりで凹凸の陰影で立体に見えるんですよ。

ーーたしかに模様が浮き上がって見えますね。私もこんな素敵なところで働けたら、もっと仕事の生産性が上がる気がします。

脇畑さん:(笑)。私にとってはじめてのお店なので、こだわった分愛着が湧くといいますか出勤する度に「いつかこんな素敵な家に住めるように頑張ろう」とモチベーションになっているんです。だから、インテリア選びにしても壁紙を決めるにしても、妥協しなくてよかったなと思います。

生活に溶け込む『親しみ』と現実を忘れられる『非日常感』

「お客様からも大変好評で、自分のこだわりをカタチにすることができて大満足です。これから少しずつ、テイストに合わせた小物も増やしていきたいと思います」と脇畑さん。『フレンチシャビー』な雰囲気に合わせた本物そっくりの壁紙、家具選びなど、イメージがカタチになっていく楽しさもリフォームの魅力なのではないでしょうか。

<詳細>

  • masshu.hair
  • 住所:東京都八王子市明神町4-2-18 高野ビル101
  • 電話番号:042-649-8878
  • 公式HP:masshu.hair

関連記事

【後編】インテリアコーディネーターが選ぶ貼ってはがせる壁紙おす…

【前編】に引き続き、インテリアコーディネーター…

【前編】インテリアコーディネーターが選ぶ貼ってはがせる壁紙おす…

賃貸住宅や初心者でも手軽にプチリフォームができる、貼ってはがせるシールタイプの壁紙をご存知でしょ…

必要なものは100円ショップで揃う! 簡単激安リフォーム術を一挙ご…

まずはみなさん、この比較写真をご覧ください。

3万円で部屋を2つに分けられる?賃貸物件でもできるリフォーム術!

目次賃貸物件で部屋を2つに分ける方法とは!作業は壁や床に傷をつけないように2人1組でアレンジ次第で自分好みの部屋を作ろう 突然ですが、みなさんは「部屋を2つに分けたい」と思ったことはありませんか? 僕 ...

トイレもバスルームもない築33年の雑居ビルの2フロアをフルリフォーム

一見すると、まるで新築かのように思えるきれいなこの部屋。実は……

カテゴリー一覧

おすすめ記事